一般事業法人向け製品 <税務・会計関連ソリューション>

リアルタイム連結システム

システムの概要

IFRSに完全対応し仕訳明細単位で即時に連結する「リアルタイム連結機能(特許取得済み)」を搭載した、全く新しい連結会計システム。

システムの特徴

IFRSに完全対応

標準機能としてIFRSに対応すると同時に、今後のコンバージェンスを見据えてのシステム設計。
今後の制度変更に対して柔軟なシステム拡張を行うことが可能。

重い連結決算作業がリアルタイムに終了

個社から取引明細情報を取り込む都度、連結処理を実施するため、連結決算のリアルタイム化(四半期→月次→週次→日次・随時)及び連結決算業務負荷の分散化をします。
また残高ではなく取引明細情報を収集可能なため、残高が確定する期末を待たずに子会社の業績予測や着地見込みをタイムリーに実施することが可能。

取引明細単位で自動連結修正処理

個社の取引明細情報(仕訳明細)を取り込むことにより、残高からのみならず仕訳明細データをそのまま活用し、 取得と同時に連結処理(合算、内部取引相殺、少数株主持分計算、CF自動計算等)が実施可能。

子会社の不正会計を未然に発見

子会社の財務情報を仕訳単位で分析し、異常値を検知した場合はアラートで通知。
異常な変動や取引をチェックでき、子会社による不正を未然に発見。

グループ連結会計処理

実績データに加えて予算・計画データなど複数のデータ種別を保持できるため、制度会計のみならず予算作成や予実対比、業績着地見込みなどグループ経営管理ツールとしての活用が可能。

子会社データを容易に収集

個社会計システムとのデータ連携、お客様固有のフォーマット作成からのデータ取り込み、標準フォーマットからのデータ取り込み、WEB入力など、子会社の会計データ方式は問いません。
二重登録をなくし作業量を削減させるための自動でデータ連携できる仕組みを標準装備。

関連システム

CONTACTコンタクト

ページトップへ